キャットフードと乳酸菌

前へ
次へ

キャットフードと乳酸菌

乳酸菌は元々体内に存在する菌です。
体調を崩したり、腸内環境が悪化することで減ってしまうこともあります。
人がヨーグルトを毎日食べることで腸を整えるように、乳酸菌入りのキャットフードを摂ることで腸内環境を整えることができるのです。

乳酸菌にも色々な種類があります。
大きく分けると、腸に届くまで生きている菌と、死んでしまう菌です。
乳酸菌は熱や胃酸などに弱く、腸に届くまでに死んでしまうのがほとんどです。
ですが、死んでしまったら意味がないというわけではありません。
生きたまま腸にたどり着いた乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やしたり、悪玉菌を退治する働きがあります。
死んでしまった乳酸菌は、食物繊維と似たような働きをします。
身体から排出される時に、退治された悪玉菌を一緒に排出してくれるので、お腹をスッキリさせてくれます。
生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌は、お互いにうまく働いてくれるんです。

腸内に生きたままたどり着けるのは、有胞子性乳酸菌です。
この菌は胞子を作るので胃酸に強く、腸内までたどり着くことができます。
乳酸菌が配合されているキャットフードはたくさんありますが、乳酸菌の種類ではなく、単純に乳酸菌としか書かれていないものも多いです。
有胞子性乳酸菌を使用していると書かれているものを選ぶのがいいでしょう。

最初から乳酸菌が配合されているキャットフードでなくても、あとから足すという方法もあります。
キャットフードに吹きかけるスプレータイプの乳酸菌というのがあります。
色々な種類の乳酸菌が使われていて、有胞子性乳酸菌も普通の乳酸菌も入っています。
キャットフードと違い加熱する必要がないため、より確実に生きたまま腸に届けられます。
持病などで特別なキャットフードを使用している場合でも、乳酸菌を摂れるのでオススメです。

猫は毛づくろいで飲みこんだ毛を、毛玉以外に便からも排出するので、乳酸菌を摂るのは大切です。
キャットフードで乳酸菌を摂ることで、毎日継続して摂ることができるので、効果的に腸内環境を整えることができます。
乳酸菌に限らず、猫に必要な栄養素の含まれたキャットフードを選ぶようにしましょう。
新しいキャットフードを買う場合は口コミも参考にしましょう。

ページのトップへ戻る