キャットフードのグレインフリーとは

前へ
次へ

キャットフードのグレインフリーとは

グレインフリーのキャットフードとは、その名の通り穀物不使用の物です。
普通ドライフードには、トウモロコシや小麦などの穀物を使用しています。
栄養素や食物繊維を足すためだったり、かさを増すためだったり理由は様々です。

元々猫は肉食なので、必ずしも穀物が必要なわけではありません。
猫の中には、穀物をうまく消化できない子もいて、お腹を壊してしまうこともあります。
せっかく栄養のために穀物を入れているのに、消化吸収できなければ、お腹を壊すだけでなく必要な栄養が摂れないことになります。
そのため、下痢をしたりするようであれば、グレインフリーのキャットフードに変える必要があります。

今は特に問題がなくても、与え続けるうちになんらかの不調があらわれることがあります。
というのも、穀物はアレルギーを起こしやすく、特に小麦はアレルゲンになりやすいため、食べ続けることによってアレルギー症状が出ることがあるのです。
小麦アレルギーになれば小麦を除去する必要がありますから、グレインフリーの物を選ぶのが安全です。

グレインフリーのキャットフードは、肉や魚がメインの材料として使用されています。
そのため、本来の猫の食事に近い物になっています。
穀物を除去することで、肥満や糖尿病に効果があるのではともいわれていますが、まだよくわかっていません。
それでも、アレルギーの心配も少なく、下痢などのトラブルも防ぐことができます。
日本ではあまり広まっていませんが、海外ではグレインフリーに対して関心が高く、飼い主さんだけでなく獣医さんの間でも話題にあがることが多いようです。
そのうち日本でも、グレインフリーのキャットフードが増えていくかもしれません。

高タンパクなため腎臓の悪い猫にはあまり向いていないので、持病がある猫の場合は、獣医さんに相談してからの方が良さそうです。
便秘になる猫もいるので、その場合はウェットタイプの物を試したり、水分をきちんと摂るように工夫すると良いです。

初めてキャットフードを購入するときは口コミが参考になりますよ。

ページのトップへ戻る