キャットフード選びで失敗する理由とは

前へ
次へ

キャットフード選びで失敗する理由とは

キャットフードで失敗してしまう理由は様々です。
食べてくれなかったり、病気になってしまうなど、失敗の仕方も色々です。
選ぶ時点で失敗しないような選び方がわかっていれば、猫にとっても飼い主にとっても嬉しいですよね。

せっかく買った新しいキャットフードを食べてくれないということは、猫にはよくあります。
というのも、猫はグルメなので、前の方がおいしかったという理由で食べるのを拒否したりするんです。
たまたま高い缶詰やスープが安売りしていたからあげてみたら、いつものドライフードを食べてくれなくなった、という話はよく聞きます。
成長に伴うキャットフードの移行は必要ですが、それ以外ではいつも同じ物で問題ありません。
特に理由がないのであれば、いつもと違うキャットフードをあげるのは避けましょう。

全ての猫に悪いわけではないのですが、穀物を消化するのが苦手だったり、アレルギー症状が出る猫もいます。
そのようなリスクを避けるために、グレインフリーの物を選ぶと失敗を減らすことができます。
穀物を使用していない分食物繊維が不足することもありますが、乳酸菌を併せて摂ることで便秘などを防ぐことができます。

安いからといって購入するのは、一番危険です。
原材料の質が低かったり、食いつきを良くするための添加物http://www.papermilltheatre.org/free.htmlがたっぷり入っていたりして、身体に良くないということが多いからです。
それなりの値段のキャットフードは、肉や魚をメインとして使い、栄養面http://speed.on.arena.ne.jp/stat1_5.htmlもきちんと管理されています。
猫が摂りすぎてはいけないマグネシウムや塩分などを抑えて、質の悪い脂肪を使用しないなど、身体に害のあるものも少なめになっています。

味が変わると食べなくなることが多い猫なので、最初に選ぶキャットフードは重要です。
毎日食べるものなので、少しの違いでも長く続けば大きな差になります。
面倒くさがらずに、栄養のバランスや原材料、添加物など細かくチェックして、少しでも良い物を選びましょう。

キャットフード安心ランキングはこちら↓

ページのトップへ戻る