吐きやすい子向けのキャットフード

前へ
次へ

吐きやすい子向けのキャットフード

猫が吐く理由は様々で、そのままでも問題ないこともあります。
ですが、キャットフードの種類や与え方を変えることで、改善することもあります。
頻繁に吐いてしまうようであれば、何か問題はないか見直してみるといいかもしれません。

猫が吐く原因として一番多いのは、毛玉を吐く時に一緒に餌などを吐いてしまうことです。
毛づくろいをした際に飲みこんでしまった毛を吐きだしているので、問題はありません。
毛の量が少ないと吐かずに便と一緒に排出することもあります。
問題はないのですが、餌を食べた後に毛玉を吐くことが多い猫だと、栄養補給がきちんとできているか心配になりますよね。
その場合は、毛玉ケア用のキャットフードという物がオススメです。
食物繊維が多く、毛を便と一緒に排出しやすくする効果があります。
水分をきちんと摂らないと、逆に便が硬くなってしまい便秘になることもあるので、猫の体質や習慣なども考慮して使用しましょう。

キャットフードが体質に合っていないこともあります。
市販のキャットフードは材料や添加物が様々です。
中には脂肪の多い物もあります。
高齢だったり、消化不良を起こしやすい猫の場合は、脂肪が多いとお腹を壊したり、吐いてしまうこともあります。
また、添加物が体質に合わないこともあります。
キャットフードの種類を変えたら吐きやすくなった、歳をとって吐くことが増えた、という場合は、脂肪や添加物の少ない商品に変えてみるといいかもしれません。
無添加のキャットフードに変えただけで体質改善する場合もあります。

与え方にも注意が必要です。
猫は、一度に多く食べるのではなく、少量ずつ数回に分けて食べる習性があります。
そのため、一度に多く食べてしまうと吐いてしまうこともあります。
よく食べる猫であれば、朝晩ではなく、朝昼晩の3回に分けてみたり、ゆっくり餌を食べられる、残しておいても後で食べられるという環境を作ってあげましょう。
そうすることで早食いもある程度防げます。
猫は噛まずに丸呑みしてしまうので、ドライフードが喉に詰まり吐いてしまうことを防ぐこともできます。

いくら吐きやすい動物とはいえ、猫にとって吐くことは負担になってしまいます。
キャットフードの種類や与え方を工夫することによって、吐く回数は減らすことができるので、問題がないか一度見直してみましょう。
改善されない場合は、病気が原因ということも考えられるので、獣医さんに相談してみましょう。

ページのトップへ戻る